So-net無料ブログ作成

久しぶりの三国峠。 [くるま]

ゴールデンウイークの後半、クルマで実家の家族とお墓参りに行った帰りに、富士山の見える三国峠に行ってきました。
三国峠は、その名の通り山梨県、静岡県、神奈川県の3県にまたがる峠で、標高1,100mほど。名古屋に転勤する前は、空気の澄んだ1~2月の晴れた日に「初走り」として輪行でツーリングに行くのが僕の定番でした。
 

【三国峠で・・・アレックス君とうっすら富士山】
 

 
この日は、午前中に静岡の富士山のふもとの霊園でお墓参りをすませたあと、そのまま僕の運転するクルマでスピードウェイの脇を抜けて三国峠へ。自転車では大したこと無いカーブも、車で上ると結構なワインディングでした。でも、それより4人乗ると、最大18%勾配の三国峠の登りは辛くて・・・僕のアレックス君は中回転のトルクが足りないなあと^^;

で、峠を登り切って、少し山梨県側に下ると・・・眼前には富士山と山中湖を望む大パノラマが。ただ、この日は少し曇が出ていたのと、この間の嶺方峠と同じ西日とで、せっかくの富士山がぼんやりしてしまって、ちょっと残念。それでもまあ、実家の家族にはそれなりに満足してもらえたようです。
 

【ちょっと曇った富士山のてっぺん】
 
三国峠から下ったあとは、山中湖湖畔のペンション村を抜け、右折して国道413号の「道志みち」へ。山伏峠のトンネルを抜けると、清流の村・山梨県道志村。4年前に自転車で来た時は雪の中だったけど、この日はもう田植えの季節。前回とは違った風景を楽しめました。
 
途中、「道の駅どうし」に立ち寄って、休憩&お土産物色。よくある山菜やら川魚に混じって、「北斗の拳 拳王」という名のお酒が、限定販売でどーんと置いてありました。北斗の長兄ラオウのオーラに押されて、つい写真を取り損ねてしまいましたが、何で道志村に世紀末覇者が!?
・・・それはともかく、売店の「ピーチソフト」はさわやかな風味で、なかなか美味でした^^。
 

【人いっぱいの「道の駅どうし」】
 

【なかなか美味しかったピーチソフト】
 
 
 
4年前に自転車で来たルートをほぼなぞり、その後は中央道で東京へ。ゴールデンウィーク中の割には、それほどひどい渋滞には巻き込まれずにすみました。それにしても、自転車では半日かかったルートを、たった2~3時間で・・・クルマで行くと簡単だけど、その分感動もそれなり・・・といった感じです。
やっぱり、走る時の爽快感は、自転車が一番!^^。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0