So-net無料ブログ作成
検索選択

寝台特急で、うどんと道後温泉としまなみと・・・【その1】 [自転車ツーリング]

さて、1週間ほど経ってしまいましたが、9/23~25に行ってきた、香川うどん巡り・しまなみ海道横断のツーリングレポートです。前回走ってから9年ぶりになりますが・・・寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗って、しまなみ海道を自転車で走りに行ってきました。
「しまなみ海道」は3ルートの本四架橋のうち一番西よりの広島県尾道市と、愛媛県今治市を結ぶルートで、小島をつなぎながら瀬戸内海を7つの橋で渡っていきます。ほかの2ルートと違うのは、橋に自転車道が整備されていて、自転車だけで瀬戸内海を横断できること。全長も70kmとそれほど長くもないので、1日あれば無理せず海の道を横断することが出来ます。その上、自転車道は独立しているので、自動車を気にすることなくサイクリングを楽しめるのです[るんるん]

ただ、さすがに関東からしまなみは遠くて・・・本州側の尾道でも、新幹線で5時間近くかかってしまいます。飛行機に自転車を載せるのも面倒だし、乗り換え回数も減らしたいし・・・で、今回も寝台特急で一気に四国入りすることにしました。あわせて、ちょっと遅めの夏休みもとったので、四国入りした初日は香川でうどん屋さん巡りして、愛媛に移動して道後温泉で宿泊。翌日は朝からしまなみ海道横断、尾道から新幹線経由で帰京、というプランです。今回の相棒は、久々登場の折り畳みプジョー。走行距離は短いので、素早く折り畳める機動性に期待です^^。
 
101003-00.jpg
[カメラ]四国行きの最新鋭寝台特急、「サンライズ瀬戸」】
 
 
 
 
 
 
関東では大雨[雨]の9/23の夜、地元の草加駅から小さなプジョーの輪行袋を抱えて地下鉄・JRと乗り継いで東京駅に向かい、22:00発のサンライズ瀬戸に乗り込みます。今回は休暇を取ったので翌日が平日で比較的空いてたけど、この列車は人気のため週末は結構早めに予約が埋まってしまうのだそうです。自転車旅ゆえ、天気が悪いとどうしようもないので、ギリギリまで様子見しないといけないのが辛いところですが・・・。
先頭車両付近で写真を撮っていると、撮り鉄・・・でも無いような方々が、旅の記念に代わる代わる記念撮影していました。
 
101003-01.jpg
[カメラ]2階建て寝台特急のサンライズ】
 
 
 
さて、列車に乗り込んで・・・まずは一番大きな荷物の折りたたみ自転車をデッキに置きます。前回はシングルの個室に持ち込んだけど、さすがにちょっと狭かったので。普通の特急よりもゆとりある造りになっているのか、邪魔にならない場所を難なくキープ。手すりにワイヤーロックで固定しておきました。
 
101003-02.jpg
[カメラ]まずは・・・自転車の置き場所を確保♪】
 
 
 
今回予約したのは、B寝台一人用個室「シングル」。昔の寝台特急みたいに、外との仕切はカーテンだけの二段ベッド・・・なんて事はなくて、ダイヤル暗証方式の鍵がかかるドアが付いた個室になっています。予約の都合で今回は2階建ての1階になってしまったけど、窓から街灯の光が流れるのを見ながら眠るのも・・・なかなか旅情感があります^^。部屋の中はベッド+αくらいのスペースしかないけど、眠るには十分といったところ。コンセント電源のほか、読書灯や目覚まし時計、ラジオなどが付いていて、広さ以外はちょっとしたシティホテル並みと言ったところですかね。
寝台にはこのほか、もっと広くてテレビなども付いたA寝台「シングルDX」や、2人用のツイン、寝台料金不要の「ノビノビ座席」などもありますが、サンライズに乗るならこの「シングル」がバランス良くてオススメですね^^。
 
101003-03.jpg
[カメラ]サンライズの「シングル」個室】
 
 
 
サンライズの車内には個室のほか、他の人とくつろげる「ラウンジ」や、カードを購入すると利用できる「シャワー室」もあります。サンライズ瀬戸の料金は、東京-高松間のシングル個室でで20,000円ちょっとと、寝台料金の分新幹線より5,000円近く割高になるけど、たまには夜寝てる間に快適に移動して、翌朝から行動開始、なんて旅も良いと思いますよ[ぴかぴか(新しい)]
 
101003-04.jpg
[カメラ]他の方と談話できる「ラウンジ」】
 
101003-05.jpg
[カメラ]2階建ての車内の階段】
 
101003-06.jpg
[カメラ]ちょっとしたホテルみたいなシングル個室の廊下(狭いけど^^;)】
 
 
 
電車に揺られながら眠りについて・・・と思いきや、ガタゴトの音が意外に大きくて。この日は日中寝てばっかりいたせいもあって、どうも寝付きが悪かったようですね。そう言う面も含めて、予約に余裕があるなら、2階の個室がオススメします^^;
そうは言いながらも、うとうと眠りながら列車は西に向かって走り・・・夜が明けて午前6時過ぎに岡山駅に到着。ここで列車は出雲市行きの「サンライズ出雲」と分割し、瀬戸大橋を渡って四国へと向かいます。前日夜の関東は大雨だったので天気が心配でしたが、瀬戸大橋からの明け方の空を見る限り、天気は大丈夫そうですね^^。
 
101003-07.jpg
[カメラ]明け方の瀬戸内を瀬戸大橋で渡って・・・。】
 
 
 
そして・・・9時間余りの電車旅を経て、朝7:27にサンライズ瀬戸は終点の高松駅に到着。「サンライズ」という名前らしく、朝日[晴れ]が似合いますね。ブルートレインは夜のイメージがありますが。
 
101003-08.jpg
[カメラ]高松駅に到着!】
 
 
 
寝台特急ゆえに車内販売は無かったので、ちょっとお腹が空いてますね^^;。列車を降りたあとは、駅前で自転車をさくっと組み立てて・・・早速香川うどん巡りにスタートです^^。
 
【その2に続く】
 
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。