So-net無料ブログ作成

梅雨明けの奥只見湖と残雪と・・・【その1】 [自転車ツーリング]

さて、1ヶ月以上も開いてしまいましたが、7月末に行った「奥只見湖」のツーリングレポートです。関東でも梅雨が明けて、久々にキレイに晴れこの日、新潟の「奥只見湖」方面にキャノンデールMTBでツーリングに行ってきました。
この日は、新潟県の小出からそのまま会津方面に抜ける予定でしたが・・・。
 
090723-00.jpg
[カメラ]枝折峠からの眺め】
 
 
 
 
 
まずはいつものように朝早く自宅近くの草加駅で輪行、上越新幹線と各駅停車を乗り継いで、8時頃に新潟県の小出駅に到着。自転車を組み立て、国道352号線に沿って東方面に。
道沿いの水田では、稲が伸び盛り。そう言えば、このあたりは新潟県の米どころ魚沼。これが実ると、有名な「魚沼産コシヒカリ」になるんですね~^^。
 
090723-01.jpg
[カメラ]スタートの小出駅】
 
090723-02.jpg
[カメラ]日本海に流れ込む魚野川】
 
090723-03.jpg
[カメラ]日本の米どころ、魚沼】
 
 
 
そのまま道なりに緩い登りを進んでいくと、「奥只見シルバーライン」との分岐が。この奥只見シルバーラインは奥只見ダム建設のために作られたトンネルばかりの道路で、二輪車通行禁止なので、自転車の僕は真っ直ぐ国道を行くしかないのですが、「急カーブ」だとか、「転落死亡事故多発」とか、不安をあおるような文句ばかり・・・[あせあせ(飛び散る汗)]
 
090723-04.jpg
[カメラ]真っ直ぐ行きたくなくなるような案内板】
 
 
 
さらに進むと、いよいよ「枝折峠」に向かっての峠道のきつい登りに。雪国らしいスノーシェッドを抜けると、道が急に細くなって、一本道のはずなのにどこかで道間違えたんじゃないかと思うほど。これでも、国道のはずなんですけどねえ(^^;。
途中で秘湯「駒ノ湯温泉」との分岐を通過して、鬱蒼とした山道をさらに登っていきます・・・。
 
090723-05.jpg
[カメラ]雪国らしいスノーシェッド】
 
090723-06.jpg
[カメラ]国道で間違いないはずなんだけど・・・】
 
090723-07.jpg
[カメラ]秘湯「駒ノ湯」との分岐】
 
 
 
「駒ノ湯」との分岐を過ぎてしばらく登ると、視界が開けて景色が良くなってきました。普段なら気分良く脚も進む・・・ところなのですが、この日は何故か調子が悪く、ちょっと登ると息が切れて小休止、の繰り返しで。。。[バッド(下向き矢印)]
会津まで抜けるとなると、10時過ぎには「枝折峠」に着いておきたいところだったのですが、余裕もって着くはずが全然間に合いそうもなく・・・こんな山奥で無理は禁物なので、とりあえず枝折峠までは登ってみて、途中で引き返すことに。
 
090723-08.jpg
[カメラ]視界が晴れて・・・】
 
090723-09.jpg
[カメラ]雲の向こうに荒々しい山々が】
 
090723-10.jpg
[カメラ]景色は良いのに脚は進まず・・・】
 
090723-11.jpg
[カメラ]先はまだまだ遠くて。。。】
 
 
 
進まぬ脚にもがきながらも、10:40過ぎにようやく頂上の「枝折峠」に到着。振り返ると、今まで登ってきた峠道が一気に見渡せます。もう登りはたくさん、って感じですが(^^;
 
090723-12.jpg
[カメラ]ようやく到着、「枝折峠(1,065m)」】
 
090723-13.jpg
[カメラ]今まで登ってきた峠道を振り返って・・・】
 
 
 
もうこの先会津まで抜けるのは体力的にも時間的にも無理そうなのですが、せっかくここまで来たので、もう少しだけ進んで奥只見湖の湖畔まで行ってみることに。。。
 
【その2に続く】
タグ:自転車
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0