So-net無料ブログ作成
検索選択

乗鞍スカイラインで、青空と雲と雪と・・・【その1】 [自転車ツーリング]

この間のの6月7日、岐阜県の「乗鞍スカイライン」にMTBで走りに行ってきました。前の週に愛知のHIDEJYさんやキクさんたちと2年ぶりのヒルクライムを予定してたけど、残念ながら雨で中止。今週も天気が不安定だったのでいつ行けるかな・・・なんて思ってたら、週末に急激に回復してきたので、ソロで2,000m超のスカイラインに登ってきました。
 
090611-00.jpg
[カメラ]乗鞍スカイラインからの穂高岳】
 
 
 

 
 
 
夜明け前にクルマ[車(セダン)]にMTBを詰め込んで、乗鞍岳の北側のふもと、岐阜県の平湯峠(標高1,684m)に着いたのが・・・10時半。「休日千円」の渋滞に巻き込まれて、5時間以上もかかってしまいました。。。
気を取り直して自転車を組み立て、平湯峠のゲートから登り始めます。乗鞍スカイラインは通年マイカー通行止めですが、バス・タクシーと自転車だけはOKなので、車のほとんど通らない「自転車天国」なのです。
ちょっと雲が多いけれど、空はスッキリな青空。この分だと、快適なヒルクライムが楽しめそうですね^^。
 
090611-01.jpg
[カメラ]中央道の渋滞を抜けて・・・ようやく「平湯峠」からスタート】
 
090611-02.jpg
[カメラ]守ろう「自転車通行のマナー」】
 
090611-03.jpg
[カメラ]青空に向かって・・・】
 
 
 
しばらく登っていって・・・2年前は遠くに白山が見えた「夫婦松駐車場」や穂高が見えた展望台から見えるのは・・・雲[曇り]ばかり。青空は見えて陽も差しているのに、肝心なところに雲がかかってしまって。。。
でもまあ、前回が天気良すぎたので、これぐらいなら仕方ないかと。青い空と新緑の緑、それに白い雲という取り合わせも悪くないので^^。
 
090611-04.jpg
[カメラ]今年は、白山までは見えないかな・・・】
 
090611-05.jpg
[カメラ]穂高も雲の中に。。。】
 
 
 
で、さらに登っていくと・・・道脇に残雪が現れると同時に、あたりは雲の中というか霧の中に。さすがに霧の中だと景色の良さも半減してしまいます[バッド(下向き矢印)]でも、上空には雲の隙間から青空がちらちらと見えるので、「雲の上まで行けば青空が見える![パンチ]」と信じて、頑張って登っていきます。。。
 
090611-06.jpg
[カメラ]雪と雲が増えて・・・】
 
090611-07.jpg
[カメラ]いつの間にか、あたりには霧が・・・】
 
090611-08.jpg
[カメラ]まだ上の方にも、残雪と雲が・・・】
 
 
雲の中を頑張って登っていくと・・・2,300mを越えたあたりから、霧が晴れて青空が見えてきました。いつの間にか森林限界を超えてしまったのか、スカイラインの両脇の木々もなくなり、逆に残雪が一気に増えてきました。いよいよ乗鞍スカイライン!というような日本離れした風景が続きます。そう言えば、この間自宅でローラー台回しながら見た「世界の車窓から スイス鉄道の旅」[TV]もこんな風景だったような・・・でもやっぱり、画面より肌で感じる風景の方がずっと良いですね^^。
 
090611-09.jpg
[カメラ]霧が晴れてきた[るんるん]
 
090611-10.jpg
[カメラ]雪の壁の中を・・・】
 
090611-11.jpg
[カメラ]天空にカーブを描いて・・・】
 
090611-12.jpg
[カメラ]見下ろす雪の壁と8の字カーブ】
 
 
 
さらに登って、標高2,600mあたりのところで北方面が開けた駐車場があったので、自転車を停めて景色を見ると・・・やっぱりまだ雲の中。2年前は穂高が目の前に見える絶好のビュースポットだったのですが、ちょっと残念。でも、さっきより雲が少なくなってきた気もするので、帰りに期待しつつ先へ進みます。
そう言えば、折りたたみ自転車で下ってきた方が「ここで雷鳥を見ましたよ」と言ってました。雷鳥といえば、数も少なくなってしまった『特別天然記念物』wikipediaによれば乗鞍でも100羽くらいしかいないそうで・・・僕も探してみましたが、残念ながらここでは見つけられずでした。
 
090611-13.jpg
[カメラ]ますます日本離れした風景に・・・】
 
090611-14.jpg
[カメラ]森林限界を超えて・・・】
 
090611-15.jpg
[カメラ]残念ながら、穂高はまだ雲の中】
 
 
 
さっきの駐車場から尾根沿いに緩やかに登って、12:20過ぎに乗鞍スカイライン頂上の「畳平」に到着。自転車を組み上げて登り始めたのが10:30過ぎだったので、1時間50分ほどで登ってきたことになりますね。数十枚も写真を撮りながら登ってきた割には早く着いたというか、ちょっと急ぎすぎてしまったかもしれませんね。いくら雲が多かったとはいえ、「自転車天国」の乗鞍スカイラインなのに・・・ちょっと損してしまったかなと。
まあ、3,000m近い高所なのに思ったよりラクに登れたのは、日頃のトレーニングと素晴らしい景色のおかげなのかもしれませんが。
 
090611-16.jpg
[カメラ]もうすぐ頂上!】
 
090611-17.jpg
[カメラ]ようやく到着、頂上の「畳平(標高2,710m」】
 
 
 
お腹も空いたので畳平のレストランで食事して、午後は反対側の「乗鞍エコーライン」を・・・さて、どんな風景が? 
 
【その2に続く】
タグ:自転車
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0