So-net無料ブログ作成

志賀草津道路・奥志賀林道で紅葉ツーリング!【その1】 [自転車ツーリング]

天気の良かった連休の12日・13日に、志賀草津道路と奥志賀林道にツーリングに行って来ました。国道最高標高2,172mの「渋峠」を通る志賀草津道路に行くのは、今回で5回目。標高が高いから登るのは大変なはずなんだけど・・・傾斜もきつすぎずちょうど良く、景色も素晴らしいので、ついつい何度も来てしまうんですね^^。
今回は標高の高い志賀高原で、秋を先取り!の紅葉狩りがお目当て。群馬県側から渋峠を登り切ったあとは、ちょっと下って志賀高原で1泊して、2日目は静かな奥志賀林道を北上して、情緒ある温泉街の野沢温泉を目指します。
 
081015-01.jpg
【渋峠から・・・雲海の上の北アルプス】
 
 
 
まずは朝5時前に家を出発し、最寄りのJRの駅から輪行して電車を乗り継ぎ、9時少し前に標高600mほどの長野原草津口駅に到着。駅前でMTBをさくっと組み立てて、国道292号に沿って草津温泉に向かって登り始めます。
紅葉見物で渋滞の車の横を抜けてぐいぐいと登っていくと、草津温泉の手前では春来たときには無かった「メロディポイント」が出来ていました。メロディポイントは、一定のスピードでクルマが通過すると、路面に刻まれた溝がタイヤと作用して車内に音楽[るんるん]が聞こえてくる仕組みで、スピード超過防止にも役だっているんだとか。まあ、渋滞してるんじゃ仕方ないですねえ。ちなみに、自転車で通過しても、音楽は聞こえてきませんでした・・・しくしく[もうやだ~(悲しい顔)]
 
081015-02.jpg
【草津温泉手前に出来た「メロディポイント」[るんるん]
 
さらに登って、10時半頃に標高1,200mの草津温泉に到着。いつものコンビニで軽く補給したあと、そのまま志賀草津道路を登り始めます。このあたりから少しずつ紅葉が始まっていて、登るにつれて秋が深まっていくようで期待が高まります^^。
 
081015-03.jpg
【少しずつ紅葉が始まっている志賀草津道路の標高1,300m付近】
 
 
 
中腹にある火山ガスが噴出する「殺生ヶ原」は、いつも通りの草木の生えない殺風景。現実離れした風景は見応えがあるけれど、「危険なので駐停車禁止」で・・・自転車は特に危ないのでとっとと先に進みます。。。[ダッシュ(走り出すさま)]
 
081015-04.jpg
【殺生ヶ原は駐停車禁止!】
 
081015-05.jpg
【岩肌ゴツゴツの現実離れした風景】
 
081015-06.jpg
【見下ろす景色も良いけれど・・・】
 
 
 
標高1,800mあたりまで登ってくるとちょっとした駐車スペースが何か所かあって、今まで登ってきた道を見下ろせます。・・・相変わらずのクルマの列が続いてますが(^^;
 
081015-07.jpg
【見下ろすワインディングとクルマの列】
 
 
 
景色を眺めながら登っていって、12:30頃に標高2,000mの白根レストハウスに到着。ここから徒歩でちょっと登ると、火口に強酸性の水がたまった「湯釜」を見ることが出来ます。やっぱり人が多いし、何度か見たこともあるので、今回はレストハウスでちょいと補給だけすませて、先へと進むことにします。
 
081015-08.jpg
【人いっぱいの白根山】
 
 
 
白根レストハウスからは軽くアップダウンを繰り返して「山田峠」を通過し、標高2,172mの国道最高標高の碑に到着。ここから見下ろす「芳ヶ原」は緑の中に赤や黄色の木々が混じって、カメラ[カメラ]では納めきれないくらいの絶景が広がってます。
僕と同じルートを折りたたみの「BD-1」で登ってきた方もいらっしゃったので、2台並べて記念撮影!させていただきました^^。
 
081015-09.jpg
【長野県側の道まで見える山田峠」
 
081015-10.jpg
【芳ヶ原の美しい紅葉の風景】
 
081015-11.jpg
【「国道最高標高」で記念撮影!】
 
最高標高地点から西に少し下って、14時少し前に「渋峠」に到着。あまり意識してなかったけど、長野原草津口駅から5時間弱で渋峠登頂は、僕の最高タイムですね^^。
ここからは長野県になりますが・・・標高3,000m級の北アルプスの手前には雲海がかかっていて、これまた素晴らしい風景が広がっていました。
 
081015-12.jpg
【少し下って・・・渋峠へ】
 
081015-13.jpg
【ちょうど県境の「渋峠ホテル」】
 
081015-14.jpg
【遠くの雲海の上には北アルプスが】
 
 
 
渋峠からは、長野県側に爽快なダウンヒル。途中で昼食をとったあと一気に下って、予約を入れておいたホテルに16時過ぎに到着。予定していたよりもだいぶ早めに着きました^^。
 
081015-15.jpg
【渋峠からは爽快なダウンヒル!】
 
081015-16.jpg
【黄色く色づいた木々も、夕日に照らされてさらに鮮やかに・・・】
 
081015-17.jpg
【今回お世話になった「癒しの宿 幸の湯」】
 
 
 
今回泊まった「癒しの宿 幸の湯」は4年前に折りたたみプジョーで初めて渋峠に来たときにもお世話になったところ。食事は鍋のほかに馬刺しや岩魚の塩焼きなど、相変わらず一人分とは思えないほどのボリュームで、「ヤセの大食い」の僕でもホントお腹いっぱいになりました。
食事後はお腹いっぱいのせいか、ヒルクライムで疲れたのか一気に眠くなってしまって・・・9時過ぎには布団で眠りについてしまいました[眠い(睡眠)]。十分に睡眠をとって、明日はいよいよ初めての奥志賀林道です^^。
 
【その2に続く】
タグ:自転車 紅葉
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 4

としぴん

こんばんは。ツーリングお疲れ様でした。
きれいな紅葉ですね。見に行きたいなぁ。
by としぴん (2008-10-16 23:35) 

ななすた

はじめまして。
ちょくちょく拝見させていただいております。
あまりの景色の良さにつられて、昨日、渋峠に行ってきました。
おかげさまで、素晴らしい景色を堪能できました。

秋の渋峠の素晴らしさを教えてくれて、ありがとうございます。
そしてこれからも、色んなところを紹介していただけると嬉しく思います。





by ななすた (2008-10-19 17:26) 

うかG

としぴんさん、こんばんは。
てっぺんの渋峠近くまで登ってくると、森林限界も近くてそもそも木が
少なかったりするのですが、見下ろす木々がとてもキレイでした。
やっぱり紅葉は、山で見るのが良いですね^^。
by うかG (2008-10-22 00:47) 

うかG

ななすたさん、はじめまして。
渋峠を登られたのですね。僕が登ったときよりも紅葉が進んでいた
ようで・・・。
渋滞で進まない車の列を横目に、360°美しい風景に囲まれて、
僕も「自転車サイコー」でした。
自転車でもっとも良い季節なので、今のうちにあちこちに行っておきたいですね。
拙いツーリングレポートですが、ななすたさんのツーリングの参考に
なれば幸いです^^。
by うかG (2008-10-22 00:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1