So-net無料ブログ作成
検索選択

大弛峠は雪の中。。。 [自転車ツーリング]

先日の土曜日、日本で一番高い(車道)峠の「大弛峠(2,360m)」に行ってきました。ただ一番高いところなら6月に行ってきた乗鞍高原の「畳平(2,716m)」だけど、名前が付いている峠で一番高いのはここ。坂好きな自転車乗りなら、一度は登ってみたい峠ではあります。ただし、峠の長野県側はほとんど舗装されていないので、ダート用の装備が必要になります。なので、今回は26インチホイールにMTB用の「ミブロ マラソン」タイヤを履かせて、バッチリダート対策。
ただ、これだけ高いので、てっぺんはとても寒くて・・・11月末には冬季閉鎖になってしまいます。なので、今年登れるうちに・・・ということで冬用ウェアに身を包んでチャレンジしてきました。
 
 
【大弛峠への峠道】 
  
 
 

朝、新宿駅から輪行して山梨県の塩山駅に向かう・・・ところ、中央本線の特急列車が事故で大幅な遅れ。朝5時に家を出たのに、塩山駅に着いたのは9時半頃。ちょっとツイてないけど、まあ仕方ないので駅前で自転車を組み立て、北に向かって登り始めます。
ところが、ツイてない時は不運が重なるもので・・・しばらく登っていると、バキッという音と共に、フロントシフトワイヤーのアウターが、レバー近くの根本から折れてしまいました。どうやら、夏の事故の影響だったみたいで・・・幸い中のワイヤーは無事でしたが、これではフロントギヤはずっとインナーでこぎ続けるしかありません。しばらく登りだから良いけれど・・・平地ではスピードを上げられそうもありません。。。(ToT)
気を取り直して登り始めると、途中までは以前にクリスタルライン方面に行った時と同じルートだけど、やっぱりややきつめな傾斜。延々と続くぶどう畑の中の登り坂を登ると、標高1,000m手前あたりから紅葉が進んできました。このあたりは落葉松が多いけれど、時々葉の落ちない松も混じっていて、オレンジと緑の取り合わせがなかなか良い風景で、まさしく秋真っ盛りという感じ(^^)。
 

【峠道の紅葉】
 

【一面落葉松の紅葉!】
 

【オレンジと緑が・・・】
 
 
 
スタートから2時間ほど、約20kmで1,000mちょっと登って、ようやく金峰のゲートに到着。前回はここでゲートが閉まっていたのでクリスタルライン方面にルート変更したのですが、今回はちゃんと開いてました。もっとも、「路面凍結注意」の文字がとっても気になるけど。。。(^^;
 
 
【凍結注意!?】
 
 
 
ゲートを過ぎてさらに登っていくと、「大弛峠まで○km」の標識が1kmごとにあります。ここまで1,000m以上登ってきて結構疲れてきているので、なかなか励みになりますね。途中で尾根沿いの道になって傾斜が緩むので、さくさくと進めるようになります。
ただ、だんだん寒くなってきたなあ・・・と思ってたら、道端で沢から流れ落ちる水が凍っていました。このあたりで標高1,700mくらいだけど、700m以上も下で秋真っ盛りなんだから、このあたりは秋を突き抜けて冬に突入している感じ。あんまり寒いので、ウェアの下にフリースとレッグウォーマーを着込んで、さらに登っていきます・・・。
 
 
【大弛峠まであと9km!】
 

【水が・・・凍ってる!?】
 
 
 
標高2,000mを越えたあたりから、道の両脇に白いものが目に付くようになってきました。一瞬目を疑ったけど、紛れもない雪。寒いんだから仕方ないかな~なんて軽く考えていたら、峠まであと1km、というところで道路の真ん中にも雪が積もってきて、おまけに凍っています(T_T)。MTBタイヤのおかげで雪上でも結構登れるんだけど、さすがに凍った道路の上では押して歩くしかありません。。。orz
 

【雪の中で・・・】
 
 
【あと1kmなのに・・・路面凍結!】
 
 
 
で、結局スタートから5時間以上かかって、15時半過ぎにようやく大弛峠に到着。大弛峠には管理人さんがいる山小屋があって、軽食のほか宿泊もできます。山小屋には4人ほどのグループの先客がいて、今日はこのまま宿泊されるとのこと。メチャクチャ寒いし、だいぶ疲れてきたので僕もここで一晩お世話になっちゃおうか、なんて考えましたが、次の日は幕張で「サイクルモード」があるし・・・ということで、温かいお汁粉を頂いて、そのまま峠の反対側の長野方面に下りていくことにしました。山小屋を出たところで16時過ぎ。日没まで1時間ほど。
・・・間に合うかな?(^^;
 
 
【大弛峠(2,360m)と「大弛小屋」】
 
 
 
峠を越えてさあこれから下りだ・・・というところで、いきなりの砂利道ダートに積雪。ダートまでは良いけど、雪が積もってるのはちょっと・・・(^^;。木々も凍りついていて、まるで樹氷みたい。さらに気温も下がってきて、体感温度はほとんど氷点下。。。このままじっとしてると凍えてしまうので、とっとと下り始めることにします・・・。
 

【雪!!】
 

【木々も凍りついて・・・樹氷!?】
 
 
 
意を決して下り始めると、タイヤと前後エアサスのおかげか、雪道ダートも意外と乗ったままクリアできるもので・・・陽の当たり具合で雪道とダートが交互に現れる難コースを、意外とラクにクリアできました。(^^)
もっとも、スピードは終始控えめでしたが。。。
 

【乾いたダートかと思えば。。。】
 

【いきなり現れる雪道!】
 
 
 
長野県側のダートは約9kmだけど、結局途中で陽が暮れてしまって・・・またもや真っ暗ダート。まあ、もう慣れたけど(^^)。。。で、標高差1000メートルほどを下りきって、長野県川上村の集落に到着。ここで電光表示板を見ると気温は・・・2度。・・・ってことは、100メートル登ると0.6度下がるはずだから、1000メートル上の大弛峠の気温は・・・マイナス4度?下る途中に陽が暮れて気温が下がったのもあるけれど、頂上では積雪で気温が下がっていたことを考えれば・・・そんなもんかと。寒かった訳ですね(^^;
 

【もう恒例の・・・真っ暗ダート!】
 

【ふもとで気温2度!ってことは・・・】
 
 
 
最後は、JR小海線の「信濃川上駅」で輪行して、中央本線経由で自宅まで帰ってきました。ただ、時間が遅くて全部各駅停車だったので、4時間半もかかってしまい、最寄り駅に着いたのは午前12時過ぎ。まあ、ほとんど寝てましたが・・・。
 

【高原ローカル線、小海線の車中で・・・】

それにしても、標高差2000mの登りは、さすがに疲れました。しかも、てっぺんでは雪も積もってたし・・・。
翌日の日曜日は幕張メッセで「サイクルモード2007」があるけど、行けるかな?(^^;

↓今回のルートはこちら


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

HAL9000

うっひゃ~!こりゃまた読んでる方も寒くなって来そうな・・・。(^^;

そうですか、もう路面凍結+雪のコンボが始まってましたか~。
スケジュールが許せば山小屋に泊まる・・・てのも捨てがたいですね。
しかし氷点下での走行とは、お疲れ様でした。
風呂に入ると生き返ったんじゃ?(笑)
by HAL9000 (2007-11-22 21:15) 

peko

コメントお初です。行きたい場所がよく似てるので何気によくブログ見てます。自分は車とバイクが主で、自転車は安い26インチの折りたたみMTBですが・・・大弛峠、やっぱり雪でしたか~。夏に行きましたよ(^^)v日曜はさらに寒く強風だったので土曜のほうがまだましだった!?ですかね。1m/s上がると体感温度も1度下がるらしいし。それにしてもお疲れ様でした!!
by peko (2007-11-23 08:35) 

うかG

HALさん、どうもです。
>路面凍結+雪のコンボ
さらに冷た~い風も吹いてたので、3連コンボでした(^^;
下ってる途中で陽が暮れてしまったんですが、見上げると東京ではとても見られないような満天の星空で・・・「やっぱり山小屋に泊まっちゃえば良かったかな?」なんて思いました。

ただ、帰って風呂にはいると、手足のしもやけが・・・「痛てぇぇぇぇぇぇぇぇ」と、1人深夜に絶叫してました(涙)。
by うかG (2007-11-23 18:11) 

うかG

pekoさん、コメントどうもです(^^)。
行く前から大弛峠には雪が積もってるのがわかってて・・・というより、雪目当てで登ったようなものでしたが、予想以上の寒さでした。もっと風が強い日曜だったら・・・考えたくないですね(^^;

>1m/s上がると体感温度も1度下がる
そうなんですか~。登りは日も出ていて暑いくらいだったのに、下りは陽も暮れて暗いわ寒いわで・・・やっぱり、もっと早めに下るようにしないと行けないですね(^^;
by うかG (2007-11-23 18:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。