So-net無料ブログ作成

美濃ブルベ300km。 [自転車ツーリング]

5月3日、「美濃ブルベ300km」に参加してきました。「ブルベ」は先月の「岡崎200km」に続いての参加となりますが、レースのように速さを競うものではなく、カテゴリーで決められた距離を制限時間内に走りきることによって、「認定」されるというもの。速く走っても、制限時間ギリギリでも同じように認定されます。景色見ながらのんびり走るのが好きな僕には合っていますね^^。

今回のコースは、美濃市の「神洞ほたるの里公園」をスタートし、「せせらぎ街道」などの県道をメインに高山まで行き、帰りは別ルートで戻って来るというもの。途中、分水嶺の「西ウレ峠(1120m)」などの峠もあり、アップダウンの厳しいコースではありますが、信号もほとんど無く、クルマも少ないので快適に走れるとのこと。

今回もクま”さんと一緒。300kmを20時間の制限時間内に走ればOKですが、走りきれるかどうか・・・?


 


ところが、スタート前に東名高速で事故渋滞に巻き込まれ、40分の遅刻。いやはや、必要以上に自分にハンデを与えてしまいました。。。


【静かなスタート地点】
 
 
 
いつもよりちょっと飛ばして、まずは第1の峠、見坂峠へ。地元の子供が書いてくれたかわいい峠の碑が僕を迎えてくれましたが、やっぱり、先に走っている方々にはまだ追いつきません。。。


【見坂峠】
 
 
 
その後、第2PC(コントロールポイント)の「道の駅和良」でようやくクま”さん達とも合流。何とかハンデは取り戻せました^^。

ルートはダムの側や川沿いの静かな県道を通るものばかりで、風景もいいし交通量も少なく、まさに自転車天国!途中10%超の坂もあったけれど、とっても快適に走ることができました。


【ダム湖畔の道】


【静かな山里】
 

【勾配10%の坂】
   
 
  
木曽川支流の清流馬瀬川に沿って登っていくと、まだ桜が綺麗に咲いていました。ここらで弁当でも広げて花見したい気分でしたが、時間もないので「パワーバー」とボトルのスポーツドリンクで4~5分休憩して先に行きました^^。
 

【馬瀬川の清流と5月の桜】
 
 
 
笈谷トンネルを抜けると、シークレットポイントである「道の駅パスカル清見」へ。ここの名物「カレーパン」の値段がお題でした。とても大きくて食べきるまで4~5分もかかるほどで、お値段の300円以上の食べ応えがありました。峠1つ分くらいの炭水化物が補給できた感じです^^;。
 

【笈谷トンネル】
 

【究極のかれいぱん】 
 
 
そのまま馬瀬川に沿って登っていくと、本州の分水嶺である「西ウレ峠」へ。1000mを越えるこの峠では、なんとまだ雪が残っていました。。。


【西ウレ峠の残雪】
 
 
 
峠を越えると、そのまま一気に下って第4PCである高山新宮のコンビニへ。あまりに下るので、帰りの登り返しを考えて「もう下るの止めて~」って、何度も思いました(涙)。


【第4PCの高山のコンビニにて】
 
 
 
結局、標高600mほどまで下ってしまったので、500mの登り返し。コンビニで『リポDドーピング』したのに、西ウレ峠を登るのに2時間もかかってしまいました。。。


【もう真っ暗で寒い西ウレ峠】
 
 
 
この時点で19時30分。気温はなんと6度。半袖とレーパンの上に、ウインドブレーカーと長ズボンを上から着てもまだ寒いです。雪も残ってるんだから当たり前だけど、日中は25度くらいの気温があったので、この気温差はちょっとつらいです。。。
でも、あと110kmで残り時間が8時間以上もあったので余裕かと思っていたら・・・西ウレ峠を下ったあとの「小川峠(920m)」が大難関。真っ暗な中九十九折りの道が延々と続き、みんな「いつになったらてっぺんに着くんだ~!?」と悲鳴を上げていました^^;


【小川峠を登り切った自転車たち】
 
 
 
その後、道を間違えて登山道に入ってしまい、300m近く余分に登ってしまった上にコース復帰まで1時間近く時間をロスしてしまったりと、またアクシデントもありましたが、第5PCの旅館「七福山」で頂いた美味しいみそ汁で生き返りました^^。
  
  
 

【18時間ぶりの見坂峠】
 
で、午前3時に朝通った「見坂峠」をクリアし、午前3時45分、制限時間15分前に何とかゴールしました^^;。ゴール地点でスタッフの方々がフルーツポンチを用意してくれていて、これまた美味しかったです^^。

その後、クま”さんもゴール。時間はちょっと過ぎてしまったようですが、途中ミスコースもあったようなので、完走として認めてもらえたようです^^。

時間はギリギリでしたが、最初に40分遅刻し、途中道間違えて1時間ロスしていたので、まあこんなもんかなと。今回はアップダウンが多くて結構キツイコースでしたが、その分風景も良くて楽しみながら走ることができました。次は1か月後に日本海まで行って帰ってくる「美濃400km」があるそうですが、また参加してみたいですね。

それにしても、走る前は300kmでもムリかと思っていたのに、走り終わるとその上の400kmも走ってみたくなるのは、ブルベの魅力というか魔力なんでしょうか^^?


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

Hara

くま”さんって、お子さんのリュックで参加されていた方ですよね!?無事完走されたんですか!素晴らしい!! にしても夜中の山道は寒くてしんどくて心細くて怖くて楽しかったですね~ 400kmのマップとキューシートも公開されたようで。くま”さんも出るんでしょうか??
by Hara (2006-05-06 11:39) 

クま”

クま”出没注意です。お気を付けあそばせ。
 この度は色々のドラマがありましたが、トラブルもなくマイペースでほぼ作戦成功です。でも最後ゴール手前は遅刻する~って焦りました。
こんど、女房つれて東尋坊へ蟹釜飯でもと考えています。
by クま” (2006-05-07 08:38) 

うかG

Haraさん、コメントありがとうございます^^。
ホントに夜の山道はしんどかったですね。下りも思ったよりスピード出て無くて・・・1WのLEDを2個装備していきましたが、もっと明るいライトが欲しくなりました。

次の400kmも良さそうなコースですね。トンネル多いのがちょっと気になりますが・・・。都合の着く限り参加したいと思っています。またご一緒できるといいですね^^。
by うかG (2006-05-07 22:28) 

うかG

クま”さん、お疲れさまでした。
今回の僕は、遅刻分を取り戻そうとか、次の400kmを考えてペース配分を速めにしようとか、ちょっと焦ってました。途中ご一緒できずすみませんでした・・・。

でも、結局ゴールできたのは制限時間15分前。いくら遅刻とミスコースで時間を大きくロスしていたとはいえ・・・やっぱり、焦っても仕方ないということですね。速くても遅くてもブルベの認定には変わりないですし。。。
次の400kmも、カニ釜飯目当てにゆっくり行きたいと思います。
by うかG (2006-05-07 22:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0